著書の最近のブログ記事

去年9月に日本経済新聞出版社から『西郷どんの真実』(日経ビジネス人文庫)を発売しました。ご関心のある方は、どうぞお買い求めください。
【目次】
序 章 西郷どんは、どんな人物だったのか
第1章 雌伏の日々
第2章 政局の表舞台に...

第3章 とことん好かれるか、とことん嫌われるか
第4章 官軍の将として
第5章 薩摩藩消滅
第6章 朝敵への道--西南戦争の謎
終 章 西郷伝説と明治維新
http://www.nikkeibook.com/book_detail/19833/

 

 

PHP文庫から『「絶体絶命」の明治維新』を刊行致しました。明治維新後の知られざる激動の歴史を解き明かしたものです。ご関心のある方はどうぞお買求めください。https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76800-7
【目次】
第1章 西郷隆盛も嘆いた「新政府の腐敗」 
第2章 「人材不足」に悩む薩摩・長州藩 
第3章 繰り返される「薩摩vs.長州藩」の暗闘 
...
第4章 西郷隆盛率いる「留守政府」の大混乱 
第5章 薩摩・長州藩からの「反政府運動」 
終章 「江戸ブーム」の到来と幕臣たち
 

2012年に刊行した『徳川慶喜と渋沢栄一』(日本経済新聞出版社)は、徳川慶喜と渋沢栄一の知られざる関係を解き明かしたものです。ご関心のある方はお買い求めください。http://www.nikkeibook.com/book_detail/16834/
【内容紹介】 
ご一新による明治日本の急速な近代化は「最後の将軍」が身を慎んだことにより成し遂げられたのではないか。日本資本主義の父は最後の将軍を死ぬまで支え続けた「最後の幕臣」。逆説に富むスリリングな幕末維新史。

 

2015年10月に刊行した『「関ヶ原合戦」の不都合な真実』では、天下分け目の戦いである関ヶ原合戦の裏側を解き明かしました。ご関心のある方は、どうぞお買い求めください。http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76423-8
【目次】
序章 「官軍」「賊軍」が目まぐるしく大逆転した関ヶ原
第1章 五大老・五奉行体制の虚構
第2章 独裁化を強める徳川家康............
...
第3章 大老・毛利輝元と宇喜多秀家の苦悩
第4章 石田三成の挙兵と家康の大誤算
第5章 関ヶ原前夜の駆け引き
第6章 創られた関ヶ原の戦い
終章 すべてを見通す「家康神話」
 

2014年5月に日経文芸文庫から『幕末維新 消された歴史』を刊行いたしました。ご関心のある方は書店にてお買い求めください。http://www.nikkeibook.com/book_detail/28037/
第1章 坂本龍馬と薩長同盟
第2章 大政奉還の内実
第3章 王政復古の裏側
第4章 戊辰戦争の真相

 

 

 

2016年4月にPHP文庫から『「幕末維新」の不都合な真実』を刊行致しました。ご関心のある方は、どうぞお買い求めください。http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76542-6
【目次】
序論 "不都合"を覆い隠す「江戸城無血開城」のストーリー
第1章 追い詰められた薩摩・長州藩
第2章 鳥羽・伏見の戦いの真実...

第3章 守られなかった「江戸城無血開城」の約束...
第4章 官軍、江戸城返還の危機
第5章 起死回生の彰義隊の戦い
終章 創られた「江戸城無血開城」の神話
大本山

 

2016年9月発売となりました『参勤交代の真相』(徳間文庫カレッジ)の内容は以下の通りです。ご関心のある方は、どうぞお買い求めください。http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784199070679
豪華絢爛!伊達政宗の大名行列、海路と陸路を駆使。一番遠い島津家のルート、総勢四千人!最大人数を誇った前田家、財政難に陥る藩も!?涙ぐましい収支決算、殿様急死、刃傷沙汰、天災で立ち往生!?トラブル続発!?江戸までの遠き道のり。
第1章 参勤交代のはじまり
第2章 陸の参勤交代、海の参勤交代
第3章 トラブル続きの参勤交代.........

第4章 大名のプライドがぶつかる参勤交代
第5章 参勤交代の収支決算
第6章 外国人の参勤交代

 

2016年11月発売の『「街道」で読み解く日本史の謎』(PHP文庫)では、東日本の街道を舞台に起きた様々な歴史を20の視点から読み解きました。ご関心のある方はどうぞお買い求めください。http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76568-6
【内容】
なぜ鎌倉は「武家の都」として繁栄したのに、その後、顧みられなくなったのか? どうして小田原は、北条氏が滅亡しても江戸時代に栄えたのか? 幕末のさびれた小村の港が「巨大都市」横浜に変貌した理由とは?――

 

 

出開帳』編です。http://www.naritasan.or.jp/monthly/edo.html

2016年11月に洋泉社歴史新書から『勝海舟の明治』を刊行しました。ご関心のある方はどうぞお買求めください。http://www.yosensha.co.jp/book/b252449.html
[内容]
プロローグ なぜ海舟は江戸城を無血開城したのか
第1章 海舟は静岡藩で何をしたのか―徳川家の戦後処理
第2章 なぜ海舟は明治政府に入ったのか―幕臣が支えた近代化...

第3章 その後、西郷隆盛とはどうなったのか―疑われた海舟...
第4章 海舟と幕臣の関係はどうだったのか―福沢諭吉からの批判
第5章 その後、徳川慶喜とはどうなったのか―徳川家の復権
第6章 なぜ海舟は人気があるのか―海舟の遺言
エピローグ 家庭での海舟はどうだったのか

 

PHP文庫から『「絶体絶命」の明治維新』を刊行致しました。明治維新後の知られざる激動の歴史を解き明かしたものです。ご関心のある方はどうぞお買求めください。https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76800-7
【目次】
第1章 西郷隆盛も嘆いた「新政府の腐敗」 
第2章 「人材不足」に悩む薩摩・長州藩 
第3章 繰り返される「薩摩vs.長州藩」の暗闘 ...

第4章 西郷隆盛率いる「留守政府」の大混乱 
第5章 薩摩・長州藩からの「反政府運動」 
終章 「江戸ブーム」の到来と幕臣たち
 

アイテム

  • yamamoto_kakuma140.jpg
  • yoshinobu_to_eiichi.jpg
  • yae_no_ishin_.jpg
  • 09510-3.jpg
  • katsu_yukichi.jpg
  • ookumoe.jpg
  • 2914_1276236010.jpg
  • 978-4-584-12276-1.jpg
  • daimyo_gyoretsu.jpg
22018
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ