5月に日本経済新聞出版社から日経文芸文庫の1冊として『幕末維新 消された歴史』を刊行しました。

5月に日本経済新聞出版社から日経文芸文庫の1冊として刊行した『幕末維新 消された歴史』は、明治維新の敗者となった徳川方の立場から幕末維新史を見直した読み物です。ご関心のある方は書店などでお買い求めください。http://www.nikkeibook.com/book_detail/28037/

正史では権力を握った側に都合の悪い事実は抹消される―倒幕を巡る薩長内部の不協和音、会津藩の悲劇、雄藩の思惑―資料を丹念に辿り、正史では語られることのなかった敗者の歴史から幕末維新の実像を描く。

目次

第1章 坂本龍馬と薩長同盟

第2章 大政奉還の内実

第3章 王政復古の裏側

第4章 戊辰戦争の真相 

タイトルとURLをコピーしました