最近は幕末史の書籍を数多く刊行しておりますが、2012年に『徳川慶喜と渋沢栄一』を日本経済新聞社から刊行致しました。近代化の象徴である渋沢が、終生主君として仕えた慶喜との知られざるエピソードを紹介した著作です。

 最近は幕末史の書籍を数多く刊行しておりますが、2012年に『徳川慶喜と渋沢栄一』を日本経済新聞社から刊行致しました。近代化の象徴である渋沢が、終生主君として仕えた慶喜との知られざるエピソードを紹介した著作です。ご関心のある方は、どうぞお読みください。http://www.nikkeibook.com/book_detail/16834/

タイトルとURLをコピーしました