2012年に刊行した『徳川慶喜と渋沢栄一』(日本経済新聞出版社)は、徳川慶喜と渋沢栄一の知られざる関係を解き明かしたものです。

2012年に刊行した『徳川慶喜と渋沢栄一』(日本経済新聞出版社)は、徳川慶喜と渋沢栄一の知られざる関係を解き明かしたものです。ご関心のある方はお買い求めください。http://www.nikkeibook.com/book_detail/16834/
【内容紹介】 
ご一新による明治日本の急速な近代化は「最後の将軍」が身を慎んだことにより成し遂げられたのではないか。日本資本主義の父は最後の将軍を死ぬまで支え続けた「最後の幕臣」。逆説に富むスリリングな幕末維新史。

 

 

タイトルとURLをコピーしました