朝日新書から新刊『大江戸の飯と酒と女』を刊行致しました。目次は以下のとおりです。

朝日新書から新刊『大江戸の飯と酒と女』を刊行致しました。目次は以下のとおりです。ご関心のある方はどうぞお買い求めください。

大江戸の飯と酒と女
泰平の世を謳歌する江戸は、飲食文化が花盛り! 田舎者の武士や、急増した町人たちが大いに楽しんだ。武士の食べ歩き、大食い大会の様子、ブランド酒、居酒屋の誕生、出会い茶屋での男女の密会──。日記や記録な…

【目次】
第1章 飯―花開く食文化の舞台裏(お上り侍の食べ歩き;独身男のための外食産業と加工食品;ブランド野菜と諸国の果物;江戸っ子が食べた魚と獣肉;身近になった菓子)
第2章 酒―幕府と居酒屋と料亭と(高価な下り酒と、地廻り酒、濁酒;盛り場の飲み食い;接待料理と酒)
第3章 女―百花繚乱、色恋の秘密(幕府公認の遊郭・吉原の素顔;非公認の遊び場・岡場所の実態;出会い茶屋の裏と表)

タイトルとURLをコピーしました